インターネットビジネスは、、、詐欺なのだろうか。

ハイドウモ 、エー コンニチハなおゆきデス!
(最近急上昇してきたYouTuberのヒ◯ル、過去名は金髪起業家ヒ◯ルさんの挨拶を真似てみました)

 

金髪起業家

最近シバターが話題にしてたように、このヒ◯ルさんを「情報発信で儲けた、詐欺師だ」と罵倒してる人も多いように見受けられます。でも別に「ネットで稼げる方法」を紹介して稼いで何が悪いのかサッパリ。

確かにとんでもねぇ月収や経歴見せて「大きな夢」で釣って、教材買ったのに稼げなかったという人を量産したのはちょっとあれですが、物を買うか買わないか決めるのは、あなたですからね。

ちなみに俺はシバターさんもヒ◯ルさんのこともファンです(笑)

 

自己責任

いくら「この商品はいいよ」「とってもお値打価格だよ」と言われようと、最終判断は全て自分がすること。だから全て自己責任っしょ!

ネットで稼げる系にしても、ちゃんとやれば稼げるようなものばかりだから、他人のせいにして愚痴を言うだけ言って結局稼げない、ってのはもうやめましょう。

そう、まともなインターネットビジネスって「やれば稼げる」んですよね。

 

インターネットビジネス

例えば「サイトアフィリエイト」を例にします。
(サイトで物を紹介して広告収入を得る手法)

この手法なんかは独自ドメインのサイトを作って、定期的に記事を更新したり、検索上位にくるように改善を繰り返したり、記事の内容も充実させたり、色んな事をしなくちゃ「安定的」には稼げません。とても大変なようです。

しかしお金を生み出すだけなら、短期的な商品を狙ったり、1つの商品だけを紹介するサイトを作ったり、そういうブログやサイトを量産すればほぼ必ず稼げるんですよ。

俺が高校時代(3年前)に作った量産ブログからはまだ、1ヶ月に1,2個の商品が売れたりしてますからね。

 

詐欺だ

でも稼げない人は、量産・面倒くさい作業・繰り返し作業をしようとしないんですよね。そりゃいつまで経っても一歩を踏み出せませんわ。

んで稼げないと「詐欺だ」「なんで稼げないんだ」「悪いのはお前だ」、と責任転嫁してしまうんですね。

それを真に受けて、外部の人まで詐欺だ詐欺だと謳ってるわけです。だからいつまで経ってもインターネットビジネスっていうと詐欺なイメージが強いわけです。

 

マルチ商法

ちなみにインターネットビジネスではなく「ネットワークビジネス」(マルチ商法)に関しては、詐欺というわけではありませんが、価値も提供せずに友達や同級生を誘い紹介料を稼ぐという、信用は失うし続けて稼いでいくのはほぼ不可能ですし汚い人間になっていくので、ネットワークビジネスはお気をつけ下さい。

あまり関わりのなかった同級生にファミレスとかに誘われたらネットワークビジネスを疑ったほうがいいですよ!(笑)

 

最後に

「ネットビジネス」というとネットワークビジネスの色のほうが最近は強いみたいです。俺が高校生の頃はネットビジネスといえばインターネットビジネスだったんですけどね。

てか最近のビジネスってほとんどが何らかの形でインターネットが関わってますからね。インターネットビジネスって普通のビジネスですね(笑)

とにかくインターネットが普及しすぎている今の時代、個人で稼ぐことなんで誰にでもできますので、自分でお金を生み出してみたい人や個人で稼いで生きたい人インターネットビジネスならやってみるといいんではないでしょうか。俺がオススメするのはもちろんせどりですが(笑)

ということで今日はこの辺で。

コレで稼いで毎日のんびり生きてます(笑)
その秘密無料限定公開中!
↓  ↓  ↓
game-banner1

▼いつも応援クリックありがとうございます!▼
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です