ネットで飛び交う情報の見分け方!嘘なの?本当なの?

情報

2016/5/17

どうもなおゆきです。

 

昨日は入漁券を買ったことを話しました。

なので川に行ってきました!!
と言いたいところですが、朝起きると雨。

 

雨って学生の人は大変ですよね。

カッパ着ても濡れるし、傘さしてると怒られるし、天パは辛いし。

 

歩道の点字ブロック(正式名称:視覚障害者誘導用ブロック)は雨で濡れてると、
チャリ通学の人は命がけです。

それで転んだことが数回ありますよ。(笑)

無くせとは絶対言えないですが、対策考えないと危なすぎですよね~。

 

 

まぁそんなことを思いつつ、のんびり家にいるのですが、

 

昨夜地震がありましたよね。

風呂で裸だったんで、「この場合どうしたらいいんだ・・・」
と思ったので調べてみました。

 

トイレとか風呂は結構頑丈に作られてるみたいなので、
逃げ出す必要はないみたいです。

 

それを知らなければ、慌てて飛び出てケガするっていうのがオチですね。

勉強になりました。(でも家が古いから頑丈ではなさそう・・・(笑))

 

 

地震後にツイッター見てると、

何回オラフ・・・

 

 

じゃなくて南海トラフが来るだとか、

今日大地震が来るだとか。

 

 

多くの人は嘘だろうと思ってても、若干信じてて
今になって震災に備えちゃうんでしょう。

 

震災に備えておくのはいいことですけども、
ツイッターで流れてくる情報を信じちゃう
(嘘だろうと思ってても若干信じちゃう的な)

のは危ないですよね。

 

んでもって、例えば有名人が「地震来るよ!」なんて言った時には、
若干どころじゃなくて本気で信じちゃう人もいるでしょう。

 

日本人って信じやすいんですかね?

良い性格ではありますけど、危ないですよね。

こりゃ宗教ビジネスいけそうだ・・・(笑)

 

 

「何もかも信じるな!」というわけじゃなくて、
リアルな情報やマジな情報もたくさんあるので、その情報を見分けるのが難しい。

 

だから、
情報を鵜呑みにするのはよくないけども、
自分に必要な情報はしっかり得ていこうってこと。

 

嘘が怖いからといって情報をシャットダウンしてしまうと、
大事な情報や必要な情報も入らなくなってしまう

 

 

情報を得たら、まずは自分で調べてみる。
(調べたサイトでも嘘があるかもしれないから、いくつかのサイトを参照にする。)

 

今回の地震を例にすると
「地震 予知」 「南海トラフ 予言」

で調べてみる。

 

調べてみると完璧な予知は不可能と分かると思うので、

いつ地震が来ても大丈夫なように備えておく。

 

だから、
「地震 対策」 「地震 避難先
と調べて、備えておくことがいいかもですね!

 

 

情報を鵜呑みにせず、自分で調べてみる。

 

「地震くるらしいよ」⇛「地震なんてこねーよ!」
じゃなくて、

「地震くるらしいよ」⇛「いつ来るかわからないから備えておこう

そんな感じに考えられるようになればGOODっしょ!

 

ちなみに俺の震災対策、2リットルの水が6パック。(笑)

クロネコヤマトを利用(送ったり受け取ったり)するとポイントが溜まるので、それで水とかお菓子とか色んな物と交換することができるので、お得ですよー!

 

ということで、それではまた。

▼いつも応援クリックありがとうございます!▼
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です