Amazonですり替え被害を受けたので補償してもらった。

どうも、なおゆきです。

最近、家系ラーメン欲が強すぎてツイッターやインスタで家系ラーメンの写真を眺めまくってます。
見た目はどこのお店も美味しそうなんですが、実際食べてみるとしょっぱかったり濃すぎたりクセがあったり。実際に食べてみないと自分の口に合うか分からない、それがいいんですよね(笑)

今年はどんな家系ラーメンに出会えるだろうか!

 

Amazonですり替え被害

タイトルの通り、Amazonですり替え被害に合いました。

その商品は2万円台もするゲーム機の「WiiU」

 



FBAで出品していたWiiUが不具合があるとして返品されたので、返送依頼をかけて自宅へ返送してもらいました。

 

そして返送されてきたダンボールを開けてみるとなんと・・・、

・シリアル番号が違う
・無いはずの外箱がついている
・付属品がほとんどない
・ゲームパッド不良
・ボディがキズだらけ

すり替えだ・・・。

 

実は直近にもゲームソフトのすり替えがあったのですが、証拠がないため補償は諦めてました。

しかし今回は!送る前に商品画像として写真を撮ってましたし、シリアル番号も控えていたので、Amazonさまに補償してもらうことができました。

 

補償の流れ

テクニカルサポートへ連絡

まず、すり替え被害を受けたという旨をAmazonのテクニカルサポート(チャット)へ連絡しました。
※チャットでのサポートですと、電話するまででもない・文字に残しておきたい・電話が恥ずかしい、って方にオススメです。メールで問い合わせると返信に時間がかかるのであまりオススメしません。



 

証拠をくださいメール

その次にこのようなメッセージが送られてきました。



 

補償を受けるために必要な情報

すり替え被害にあったら以下の証拠が必要になります。


・輸送箱に貼り付けられている配送業者用の出荷ラベルの画像
返送されて届いたダンボール(出荷ラベルを剥がさないように)

・FBAの出荷明細書の画像
ダンボールに入っている紙

・出品者に返送された実際の商品画像
なるべく届いたままの状態を写真で撮る

・商品ラベル(混合在庫の場合はバーコード)の画像
商品ラベルを写真で撮る

・相違の説明 (何がどう違うのか)
例:シリアルが違う、送ったはずの付属品がない、無いはずのダンボールが付いてきた

・出品者に返送された際の配送料者の追跡番号
出荷ラベルに書いてある追跡番号を記入

・納品した商品が出品者様の申告通りのものだったかを示す客観的な資料
(仕入れ時の書類、シリアル番号等)
送る前の写真やシリアル番号を提出


以上の情報を「ケース」から提出します。
※「ケース」はセラーセントラルのトップページの「ケース履歴の管理」から飛べます。

 

そして情報を提出すると以下のようなメッセージがきます。



ですのであとは待つだけです。

 

全額補償

情報を提出して二日後に連絡があり、全額補償していただけることになりました。



このようにして、すり替え被害の幕は閉じたのです・・・。

 

すり替え被害への対策

最近・・・というか前からすり替え被害は結構あるようです。
では俺たち販売者は、どのようにしてすり替え被害への対策をすればいいのでしょうか。


・送る前に写真を撮っておく
送る前の状態を写真に撮っておきましょう。
その写真を商品画像にすることで売れやすくもなります。

・シリアル番号を控えておく
なるべく「写真」でシリアル番号を撮っておきましょう。

・返送されてきた状態のままにしておく
返品されたら手元に返送しなくちゃいけないので、返送されて届いてきたダンボールはそのまま残しておきましょう。


とにかく【補償を受けるために必要な情報】で述べた情報を全て提出できるようにしておきましょう。

高額であればあるほどすり替え被害は大きいです。少額の商品であれば別にいいかもしれませんが、高額商品は必ず証拠を残しておくようにしましょう

 

最後に

今回はAmazonさまに全額補償していただきましたが、半額補償や補償すらされない場合もあるかもしれません。

ただ、それはしょうがないことです。なぜなら我々はAmazonさまに委ねて事業を行っているから。Amazonが全てのルールを仕切っているわけです。それを理解した上で、Amazonを利用していきましょうね。

以上、Amazonですり替え被害を受けたので補償してもらった話でした。
それではまた!

 

P.S.

個人情報上誰かとは言えませんが、購入者は色んなゲーム機で遊べるカフェ的なものを運営している業者でした。

業種上同じゲーム機を何個も買うでしょうから、おそらく違う出品者から購入した不良WiiUを俺に返品してきたんじゃないかな、と思ってます。購入者からしたら「どの出品者から購入しようとAmazonはAmazon!」ですからね。

とにかく、今回の件が記事のネタになってよかったです。
ネタになるのならどんな被害でも受けてやろうじゃないか!

▼いつも応援クリックありがとうござんす!▼
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ 

▼いつも応援クリックありがとうございます!▼
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です