宅配業者に荷物を「雑に扱われる」ことを前提として対策する

どうも、なおゆきです。

とある動画を紹介しようと思ってその動画を見ていたら、
・・・・・いつの間にかスマップの動画を見てました。

これぞ!ネットの恐ろしさ(笑)
関連動画から違う動画を次々に見てしまうという。

そんな経験あなたにもありませんか?

「いつの間にか」
それで大事な時間を無駄にしてるのかもしれませんね。

 

佐川の配達員の動画

で、
紹介したい動画はこちら!

【荷物を投げる蹴る!! 佐川急便配達員!!】

動画を見るとわかりますが、荷物を叩きつけたり、投げたり、蹴ったり。

 

この動画を見てどう思ったか

この動画を見て俺は、「佐川はダメだな」なんて印象は持ちません

佐川急便の会社の中の1人がこのような行為をするだけで、
会社全体が悪いイメージを持たれてしまいがちですが、

実際悪いのはこの配達員なわけですからね。

 

でも今回はこのように撮影されてネットに流出しちゃったわけですが、
流出されてない闇の部分もあるのではないかと思っています。

例えば、倉庫で荷物を雑に扱われてたりするかもしれません。

この動画のようには扱ってないでしょうけど、

「バンッ」と強く地面に置いたり、
「ポイッ」と荷物を軽く投げたり、

そのくらいの扱いはしてるだろうと俺は予測しています。

1つ1つ丁寧に扱ってたらいつまで経っても作業は終わりませんからね。
ましてや今は通販が主流で、荷物がどんどん増えてるでしょうから。

 

雑に扱われ対策

自分はせどらーなので「商品」を扱っています。
その商品を「雑に扱われる」ことを前提として対策しなければいけません。

その対策は

・梱包材を多めに入れる。
・補償をつける

くらいでしょうか。

あと自分の勝手な印象ですが、郵便局は荷物を雑に扱う割合は少ないかと。
日本郵政グループは他にも銀行やら保険もやっているので、郵便局での不祥事は他のことにもダメージが出てしまいますからね。

なので対策になるかは分かりませんが、荷物を出す時は郵便局のサービスを利用したり。

 

【雑に扱われても大丈夫なように、梱包はしっかりする】

【雑に扱われないように、補償も付けれるなら付ける】

 

ま、雑に扱われて中身にダメージがあったら補償がでるでしょうからね。
よっぽど大事なものではない限り、ある程度の梱包して送っちゃえばいいかと思います。

 

宅配業界は大変そう

先程も言ったように、今は通販が主流なので宅配業界は忙しそうだなぁと。
ましてや、アマゾンプライムのお急ぎ便や速達も流行ってますからね。

しかも今日ヤマトの営業所に行ったら、次から次へと人が来てました。
年末年始で佐川はパンクしちゃって配達が遅延してるみたいですね。

そんな宅配業界の忙しすぎる部分を無くすには、顧客側の意識も変えなくちゃいけないでしょう。
例えば、届くのに5日かかってもいいくらいの気持ちを持つとかね。

お急ぎ便も速達もなくなれば、仕事環境は良くなるんではないでしょうか。

 

ハッ!

またマジメな記事を書いてしまいました!!
こりゃ失礼・・・。

最近プライムビデオで「釣りキチ三平」を観てます。

三平の釣りに対する執念は見習わなくちゃいけないですね。

【三度の飯より釣り】

自分にもそこまで執着するものはあるだろうか。
・・・そんなもん無いだぁ。

1月からは新たなチャレンジするので、それに対して執着してみます。
執着してみければ楽しいかつまらないか分かりませんからね。

そのチャレンジについては今後話していくのでお楽しみに。

それでは年内また記事を書くか分かりませんが、今日はこの辺で!
ばいなら。

▼いつも応援クリックありがとうございます!▼
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です